So-net無料ブログ作成

適切な歯磨きの方法は個々によって違う?! [健康]

とっても久し振りの更新になります☆


実はもうこのブログ止めようかと思っていたのですが、やっぱり何となくさみしくて続けることにしました。






今日、歯科受診して、歯科衛生士さんにいろいろ歯の磨き方など教えてもらったので記事に残しておきたいと思います。





歯科には虫歯があると思って受診したのですが、結果虫歯ではなく歯ブラシで傷ついて歯が削れているとのことでした。







歯ブラシで、歯って削れてしまうのか・・・(*_*;






歯科医に歯を診察してもらい、虫歯などはなかったのですが、少々歯茎に腫れている部分があるとのことで、歯科衛生士さんにバトンタッチして、歯を綺麗にしてもらいました。






実は私、自慢するわけではありませんが、虫歯の経験がなく、歯科には掃除と定期チェックに行くだけでした。





でもそれも最終歯科に行ったのは、かれこれ14年前のことです・・・。





歯科で掃除してもらうと綺麗になって嬉しいのですが、それ以上に掃除が痛すぎて行くのが嫌になってしまって、以降全く寄り付かなくなってしまいました。





ですから歯磨きもずっと好き勝手な方法でしてきたのですが、よくこれまで虫歯にならなかったものだと思います(笑)







でも今回歯の異常を見つけて、歯科受診できて良かったと思っています。


というのも、歯の磨き方を直接教えてもらえたからです。



074031.jpg





テレビやネットで、正しい歯の磨き方は紹介されていますが、歯の生え方とか状態によって個々に適切な歯の磨き方って少しずつ違うんですね!




私は、歯の隙間をしっかり磨いた方が良いと思って、歯間ブラシを使用していました。



でも、あんまり歯間ブラシが入る歯の隙間がなくて、少々無理やり使っていたところがあるんです。





でも私の場合、歯の隙間は極めて狭く、歯間ブラシを無理に入れると傷ついてしまうのでフロスで優しく歯の隙間の汚れを取り、入らないところを無理にフロスを押し込む必要はないとのことでした。





歯科に行っていなかったら、いつまでもがんばって歯間ブラシで歯を傷つけながら磨いていた事と思います。




そして、虫歯になりやすそうな箇所も教えてもらって部位によって小さなブラシを使ったりして、丁寧に磨き方を教えてもらえました。




自己流では磨けていないところが多かったり、良かれと思ってしていることがかえって歯を傷める結果になってしまっていることもあると分かりました☆



フロスの使い方も、ただ歯間に通せば良いというわけではなくて、優しく歯間に通して歯茎までおろして、歯と歯茎の間に少しフロスが入るようにして汚れを落とすなど、効果的な使い方を直接教えてもらって目から鱗でした(;゚Д゚)








歯科受診はめんどくさいし、なんか恐いと思っていたのですが、何も症状とかなくても定期的にチェックしてもらったり、掃除の仕方を指導してもらうこと大事ですね。






読んで頂きありがとうございました☆





関連記事
2月9日「林修の今でしょ!」歯にまつわる驚くべき真実とは?!


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。